読むと役に立つ!!通信制大学について解説します

通信制大学とは何なのか

通信制大学という言葉を聞いた事はありますか?キャンパスに通う事が出来ない人のニーズに応える為につくられたものの事を通信制大学と呼びます。通信制大学と聞くと最近出来たばかりのキャンパスなのではないかと考えられる方は少なくないと思いますが、意外にも通信制大学の歴史は古いんです。1947年に学校教育法で定められた事がきっかけとなり、通信制大学が誕生しました。この記事では通信制大学について紹介していきたいと思います。

大学院でも通信制を採用している

通信制大学が誕生したばかりの頃は通信教育専門で行う大学は殆どありませんでした。しかし、現在では通信教育専門の大学が数多く存在しており、とても需要の高いものとなっています。需要が高い事から大学だけではなく、大学院でも通信制を採用しているところも増えてきていますね。さて、通信大学ではどのような学習スタイルを採用しているのか紹介します。基本的には教科書とスクーリングを中心にしているキャンパスが多いんです。

通信制大学の学習スタイル

通信制大学には教科書とスクーリング中心の学習スタイルにしているところが多いです。スクリーニングという言葉をはじめて聞いたという方も少なくないと思います。一定の期間だけ大学に通学して授業を受ける事をスクーリングと呼びます。通信制大学ではキャンパスに通学する必要があまりありません。また、自分のペースで学習出来るといったメリットがあります。この事から、通信制大学の人気が高まってきており、現在では20万人を超える人が通信制大学で学んでいます。

通信制大学院のメリットは自宅で学べるところでしょう。自分のペースで勉学に励むことができます。社会人の方などにもおすすめといえます。