タブのコピーや移動といった便利な機能を利用することで

タブのコピー機能を利用する

エクセルにはいろいろと便利な機能があるのですが、その一つに、タブの丸ごとコピーや移動といったものがあります。エクセルのブックは複数のタブで構成することができますので、同じ形式の表を各タブごとに配置して、一連のデータをその各表に記入して行く、といった使い方をすることがよくあります。その際に、表を追加するために新しいタブを設ける、といった処理が必要になることがあるのですが、そうした場合には、既存のタブに設けられている表を、タブごとそっくりコピーしてしまうことで、簡単に同じ形式の表を追加することができてしまうのです。

タブ上に作成した表などをそっくりコピー

このように、タブを丸ごとコピーする機能を利用することで、一つのタブ上に作成した表や図表などを、簡単に別のタブとして複製することができます。もしも、こうした機能がなかったならば、新たにタブを作成して、その上に一からまた新たに同じ規格の表や図表を作成する、といった手間と時間のかかる作業をしなければならなくなりますが、このタブの丸ごとコピー機能を使えば、そうした手間と時間を大幅に節約することができるのです。

タブの移動機能でタブの並べ替えを行う

また、タブの並べ替えをしたいという場合にも、今度はタブの移動機能を使うことで、簡単にタブの並び方を変えることができます。このために、初めはとくに意識することなく、ランダムな形で各タブを作成しておいて、後から全体のタブを編集するという方法で並べ替えを行うことで、任意の順序にタブを並べることができるわけです。もちろん、初めからタブの配置を決めておいて、順序立てて各タブを作成して行くということもできるわけですが、途中で並べ替える必要ができたりした場合にも、このタブの移動機能を使うことで、簡単にタブの並び順を変えることができるのです。

MOS講座では、パソコンスキルの基礎となるWordとExcelを学ぶことができます。修了試験に合格することで資格取得認定を受けることができます。